5/29 フード リズミカルボディ


 

からだのリズム
季節のリズムにあわせた食べ物

 

food02

ちまたはスーパーフード流行りです。

これでもかこれでもかと新しい食材がでてきます。そして、それと同時にスーパーフードを取り入れた新しい商品もつぎつぎ登場します。いったい、何を食べたらいいのか、振り回されてはいませんか。

私たちはどうして食べものを摂取するのでしようか
人間である私たちは何を食べるべきなんでしようか
日本人である私たちは何を食べてきたのでしょうか。

いろいろな角度から「食」を考え、これから何を食べていったらいいかを一緒に考えましょう。

どうぞご参加下さい。

 

日程 2017年

  • 5/29 10:00-16:00 第1教室
申込 リズミカルボディ >>
講師 安達章子(リズミカルボディ認定講師)
対象 どなたでも受講いただけます
概要 全1回 全5時間
費用 受講料 15,120円
持ち物 筆記用具、室内履き
その他 受講規則(キャンセル規定など)をご確認のうえお申込ください

 

学びの内容

学習の目的
からだのリズムを育む食生活の提案。月経期、卵胞期、黄体期などの月経リズムや、旬のものなど四季のリズム。自然の摂理にしたがった食生活についてリズミカルボディ(R)セラピーの立場から学習します。
リズミカルボディフード概論
「リズミカルボディフード」のコンセプトについて、味覚と嗅覚のつながりなども含めて解説します。
食と身体のつながり
食材が、どのように私たちを巡り、身体となるのでしょうか。食材が生まれ、流通され、口に入り、消化器・循環器を巡るまで道のりをイメージワークも通じて理解を深めます。
からだのリズムに応じた食生活
月経期、卵胞期、黄体期の月経リズムの体。食生活
春・梅雨・夏・秋・冬の旬のリズムの体。食生活
朝・昼・晩の1日のリズムの体。食生活
誕生~シルバー期までの成長発達のリズムの体。食生活
からだのリセット
「食生活は普通です」の「普通」の裏には様々な食生活が隠れています。体は本来、自分に必要なものを選ぶ力があります。体をリセットして身体が「選択する力」を高めるホームワーク(食日記)を提案します。
献立の提案
手間と時間と手順をかけたレシピではなく、オイル、ごま、出汁などを上手に使って、野菜を「山ほど」いただくための方法を提案します。それは、料理本として成立しならないくらいシンプルな方法。だからこそ毎日続けることができるのです。

 

メッセージ

 

受講生の声

 

関連コンテンツ

読むマザーズオフィス『あなたは、あなたが食べたもの

 

Facebook
2015-08-07 | Posted in 1日クラス, クラスComments Closed 

関連記事